読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Day is dawning. -英語(TOEFL)学習記録-

半年間でTOEFL高得点をめざすために、やる気を引き出す記録づけ

TOEFL 3月自己学習計画

TOEFL-学習計画 TOEFL

初めに

TOEFL 3月学習計画の計画を書いてみました。

3月は過去問を中心に実践に慣れていく勉強を本格化させていきます。

ということで学習の基本的な柱には
・過去問&模擬問題を使ってより実践的な取り組み
・英単語強化&専門用語強化

2本にしています。

英単語は英単語3800がまだ仕上がっていませんし、これからも引き続き復習していく予定です。

TOEFLはリーディング、リスニング、スピーキングとライティングの4つの分野にわかれて問題が出ていきます。よってそれぞれの分野において目標をたて、自分なりの問題の考察、これから具体的にやっていくことと重要事項等に分けて書いてみました。かなりアバウトな感じですが、ここは後で追記したりしてもう少ししっかりしたものしていこうと思います。

ほぼ自分への確認のためみたいなものですが、私と同様にTOEFL素人の方に共有できったらなと思います。既に高得点を取られている方には参考にならないと思いますが、なにかアドバイス等ありましたら、コメントなどで教えていただければ幸いです。

 

ではさっそく

 

リーディング

目標

・1題20分以内で解き終わるための速読力強化

・正答率8割以上
・問題に慣れること

やること

・過去問を中心にやる
TOEFL公式ガイド>
Practice set6 1題
test1 3題
test2 3題
test3 3題
合計 10題 (10日までにテスト自体はおわらせる)

具体的には

①実践:test3回分ともPCで本番同様に行う(20×3=60)

②答え合わせを一通り行う
間違いの原因を知る
・パッセージが難しくて理解不能
・問題文が難しくて理解不能
・単に時間不足
・テキトーに答えてる
に区別できると思う。

③答え合わせが終わったら次をチェック
・わからない単語
・わからない文法
・解答の根拠となる文章
スクリプトはテキストにあるのでそれをコピーして
線を書き込めるようにすること。

④作業が終わり次第、確認したことを意識して再度読む(※時間を計ってみるのもいいかも)

⑤その後は数回その文章を再度読んでみること

 

リスニング

目標

正答率7割を目指すこと

問題考察

講義とオフィスアワー時的な会話で併せて6問ほどある。
講義と会話二つともになれる必要がある。

やること

・公式過去問のみ

TOEFL公式ガイド>
test1 6題
test2 6題
test3 6題
18題 (16日までには終わらせる)

1題につき
①ディクテーション(時間:1H)
②わからなかった単語・文法などチェック(30m)
③シャドーウィング(1H)

時間をかけすぎないように気をつけること。気づいたら日が暮れていたがよくある。

(※逆に時間があれば)
ノートテイキングの練習

重要事項

男性と女性の声よって聞き取りやすい/にくいがある(高い声が低い声に関係があると思う)ので、公式の問題でTOEFLのトーカーになれる必要がある。

 

ピーキング

目標

簡単なものでもいいので、詰まらずミスを最小限に話せるようになること

問題考察

・Q1,2はリスニングを伴わない問題なので、取り組みやすい。
・Q3,4は短いパッセージを読んだ後短いリスニングがある。
・Q5,6はリスニング(講義)を聞いたあとその内容を要約し説明する

※Q3~6はリスニングを伴う問題だが、攻略しやすいものもある。

やること

9日までにQ1~6まで全問題に触れてみること

Q3~6はリスニングを伴うので一回文の過去問を消費して経験しておくこと。

Q1,2はどちらか毎日5問以上はやること

模擬問題はネットにあふれるほどあるのでそれをつかって公式問題以外にも数をこなし、自分で形をつくりながら解答に慣れていくこと。
(※ちまたによるとQ1,2,3,5は比較的容易らしい。この4つを中心にスピーキングを攻略する。)


Q3~6は比較的容易な3と5を中心にしながら過去問を使って実際にやってみること。

 

全問題に対して、ある程度フレーズを覚えておくこと。

テンプレを使うライティングと似ているかも

重要事項

・実際に時間を計り、レコーダーに録音しながら取り組む
・その問題に対して、即答できるようになるまで何回も聞きながら練習する。

ライティング

目標

簡単なものでもいいので、テンプレなどを駆使し制限時間内に書ききること。

問題考察

integrated task

リスニングを伴う問題であり、independent taskとは違って問題が限られ取り組みにくい。
(Youtubeなどに模擬問題などがあるかも)
☆時間制限20分であるので 15分で200語書き、5分で見直すことを目指す。

independent task

パッセージでお題が出る問題、取り組みやすい。

☆時間制限30分なので、構成2~3分、見直し2~3分に使う。25分で300語以上書く必要がある。

やること

independent taskは最低でも2日に1題は必ずやる。

作業後はLang-8で見てもらうこと。


・integrated taskは公式ガイドの問題を終わらせる。

3月前半(10日)に公式ガイドのものを終わらせ、少しでもリスニングとパッセージとリンクしていく作業になれること。その後は新しい過去問を購入後取り組む。

重要事項

・学習中に実際に使えそうな文法、単語があればしっかり覚え実際に使ってみる。
・模範解答を参考にし、自分のものにしていくこと。
・テンプレートを覚える。

 

 最後に

これから3月のカレンダーにより具体的に計画を書いていく予定です。ちなみ私はEvernoteカレンダーをしようしております。これも含めEvernoteは欠かせなくなりましたね。

さてほぼこの記事は自分のために作ったようなものなので、今後この記事は追記したりして修正が入っていくと思いますので。ご了承くださいませ。この計画に関して経過報告などはブログで報告していこうと思います。何かありましたら、コメントやツイッターでお知らせください。大変長くなってしまいましたが、これにて。

 

Official Guide to the TOEFL Test With CD-ROM, 4th Edition (Official Guide to the Toefl Ibt)

Official Guide to the TOEFL Test With CD-ROM, 4th Edition (Official Guide to the Toefl Ibt)

  • 作者: Educational Testing Service
  • 出版社/メーカー: McGraw-Hill
  • 発売日: 2012/08/08
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 3人 クリック: 14回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

広告を非表示にする