読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Day is dawning. -英語(TOEFL)学習記録-

半年間でTOEFL高得点をめざすために、やる気を引き出す記録づけ

チャレンジャー号爆発事故から30年 History.comを読む

歴史 科学 英文記事

www.history.com

f:id:catcateng:20160129161017j:plain

(画像はwikipediaから)

 

今回はHistory.comというサイトから記事をよみました。

先日1月28日はチャレンジャー号爆発事故から30年ということで、主にアメリカのメディアなどで事故のことを取り上げていることが目立ちましたね。

チャレンジャー号の事故は、7人の宇宙飛行士がなくなるという悲劇を生み、宇宙への道に希望を抱いている人類にとって初めてのトラウマを生み出したことでしょう。ある調査によれば、アメリカ国民の85%は一時間以内にこの事故のニュースを知っていたというから、どれほどこのチャレンジャー号へ注目していたかがわかります。このときはレーガン政権時代なんですね。レーガン大統領も、一般教書演説を取りやめて、ホワイトハウス執務室から国民に向けてメッセージを送りました。

私自身はこの頃の世代でないですけれど、その後2003年に起きたコロンビア号の再突入時における事故は今でも覚えていますね。

 

さて記事の内用はそれほど難しくありませんでした。理解しやすかったです。背景知識を知ってたからもありますが。

まぁそれでもわからない単語はどんどんと出てきますよ。

全体700語前後だったので英語を読む練習にはもってこいでした。

 

ボキャブラリー確認>

orbiter 人口衛生、宇宙船
break up ばらばらになる 終わる、解散する
liftoff 発進、打ち上げ
devastate 荒らす、途方に暮れさせる、今作させる
rubber ゴム
extensive 広い、広範囲に
aftermath (戦争・災害などのあとの)状態、余波
temporarily 一時、ほんのしばらく、一時的に
reusable 再利用できる
manned 人間を乗せた
unveiled ベールを取る、明かす、
satellite 衛星、人工衛星、衛星の
glider グライダー、滑空するもの人
embark on (新事業、難事業などに)乗り出す、従事する
embark 積み込む、乗船する
undergo 経験する
catastrophic 大変動、破滅的な、悲劇的な
unusually 異常に
superior 優れた人、上官、上司
component 構成要素、構成成分
seal 判を押す、封をする
vulnerable 攻撃されやすい、隙だらけ、傷つけやすい 
unheed 注意されない、無視された
disbelief 信じないこと、不信、疑惑
forking ひどく、ひどい
plume 羽毛状に空中に上がったもの
wrench もぎ取る、くじく、を悲しませる
plunge into を突っ込む、を投げ込む
traumatize 外傷を与える、精神的外傷を与える
turmoil 騒ぎ、混乱、騒動
corrective 矯正的な、調整的な、
head  先頭に立つ、~を率いる、を向ける、を進ませる
brittle 砕けやすい、不安定な、扱いにくい、冷たい 
disintegrate を崩壊させる、分解させる、
refrain from 控える、断つ
redesign を再設計する、再計画する
reentry 再び入ること、再入国、(大気圏)再突入
resume 再び始める、再び続ける、
slate for 候補者に立てる、予定する
ashore 浜に、岸へ
debris 破片、がれき
silo サイロ、貯蔵庫、地下ミサイル格納庫

 

 ↓過去記事

catcateng.hateblo.jp

 

 

広告を非表示にする